所沢チャリティープロジェクトのブログです。


by tunageru

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0201868_17313571.jpg


先日は恵まれすぎる天候の中、【ツナゲル2014 所沢⇔東日本】への沢山のご来場誠にありがとうございました。

そして出演者さん、出店者さん、ボランティアSTAFFさん、新所沢PARCOさんをはじめとした関係各所、ご協賛、ご協力の各社様、当日取材に来て頂いた報道各社様、ポスター、フライヤーの掲示、Tシャツの作成、Facebook、Twitter、ブログ等ネットでのプロモーションに協力してくれた方々、そして東北の地からわざわざいらしてくれた「七ヶ浜応援隊」「結日丸」の皆さん、本当にありがとうございました!!

震災に対して興味、関心等が日々の報道等を見てると実感する毎日ですが、僕らは逆にこのツナゲルを通して新しい仲間が増え続けています。

去年のブログにも書きましたが、沢山の笑顔でこのイベントを終われた事に感謝し、所沢っていい街だな〜って思って誇りに思って頂けたら役員、STAFF一同嬉しく思います。

「ツナゲル」をやる意味。
「ツナゲル」がある意味。
そして僕たちがいる意味。

皆さんがそんな事をぼんやりでもいいから考えてくれたら、また来年開催が出来ると思います。

尚、当日集まった収益、義援金の報告はこのブログで必ず近日ご報告させて頂きます。

【ツナゲル2014 所沢⇔東日本】

重ね重ね、皆様本当にありがとうございました!

所沢チャリティープロジェクト役員一同
代表 伊坂直也
[PR]
by tunageru | 2014-06-03 17:48 | 本部

いよいよ本日2014年のツナゲル 所沢⇔東日本。
今年は準備期間が短かったりで全然ブログを更新出来なくて申し訳ございません。
しかし沢山の方々のご理解、ご協力により今年も開催出来る事になりました。

震災から3年を過ぎツナゲルも今回で4回目となります。
震災直後はたくさん行われていた震災復興イベント。
しかし昨今の状況を見るとほどんど耳にしなくなりました。

でも被災地の状況は何も変わっていない所もまだまだ沢山あります。

僕らが昨年足を運んだ宮城県のとある美しい砂浜。
しかし海の中はいまだにガレキだらけだと現地の人が教えてくれました。
海の中と海岸では行政の管轄が違い、その撤去にはお金がでないそうです。
それをボランティアのダイバーが酸素ボンベの経費を寄付で賄ったりしているそうです。

復興庁によると、2014年3月13日時点の避難者等の数は未だに26万3,958人もいます。
福島の原発周辺は未だに手つかずの状態で残ってます。

まだまだ僕らには出来る事があるんじゃないかと思いませんか?

ツナゲルってやるべきじゃありませんか?

僕たちは今年も来年も役員、スタッフ全員で精一杯ツナゲマス!!

どうか皆様、ご理解、ご賛同の上、新所沢PARCOまで足を運んで頂けます様、よろしくおねがいいたします。

所沢チャリティープロジェクト一同
代表 伊坂 直也
[PR]
by tunageru | 2014-06-01 02:41 | 本部