人気ブログランキング |

所沢チャリティープロジェクトのブログです。


by tunageru
あれから8年ですね。
もう8年。
まだ8年。
何か書こうと思って11日になった瞬間にPCの前に座って見たもののキーボードの上の手がなかなか動かず。。。
昨日は朝からTVやネットのいろいろな記事に目を通して色々考える。
その中で気になった言葉。
僕たちも行った女川の飲食店の方の言葉。

「今でも3.11が近くなると〈東北を、忘れない〉とか言うじゃん。忘れていいって! もう8年も経ったんだから」
「甘えていいのは3年まで。働かなきゃ」
「ここ(駅前商店街)はテナント料も安くないから。昔みたいに自宅で店をやっていた頃とは違う。働かないと」

中には、抽選に外れて仮設に入れず、最近やっと公団住宅に入れたという人もいた。
十分甘えていいと思うがでも「忘れていい」と言う。
いつまでも「被災者」として、憐れみの目で見られるのがイヤなのかもしれない。

「街って〈つくる〉もんじゃないと思う。結局は1軒1軒がしっかりやらないとダメなわけでね」
これはどこの街も一緒のことだよね。

「被災したのは東北だけじゃない。熊本だってどこだって、みんな大変。東北だけが変にクローズアップされて、そこに甘える人もいる」
「メディアもよくない。被災地っていうと可哀想可哀想って、キズナだなんだって言って、本当のことを全然伝えない」

これはあくまでも一部の人の言葉かもしれないですけどね。
僕たちが支援していた人たちの中でも
「もうお金は大丈夫ですよ」という人もいる。
でも「ありがとうございます、助かります」
と言ってくれる人もいる。

ツナゲルも今後どう開催していくか。
どうつなげて行くのか。
支援の仕方や思いというのも少しずつ変わって来てるのかもしれませんね。
そんなことを思った今年の3.11でした。

でもやはり僕は3.11というのは忘れてはいけない事だと思うし、こうやって色々と思い、考え、それを僕たちの日常に落とし込むことや伝えて行く事はとても大事なことだと思います。

今年もツナゲルは開催予定です。

所沢チャリティープロジェクト
伊坂直也


# by tunageru | 2019-03-12 23:22 | 本部